解決事例

2軒の共有不動産のうちの1軒を依頼者が単独取得した事例

不動産 親が居住している土地建物と親所有の賃貸住宅が建っている敷地

これは2軒の不動産を共有している事例です。親との対立から共有関係の解消を希望し、共有物分割請求の依頼を受けました。

共有物分割協議は成立しなかったので共有物分割訴訟を提起しました。

訴訟段階で親に代理人弁護士が就任しました。親が2軒とも不動産を取得するには高額な代償金が必要になることからそれを希望せず、賃貸住宅の敷地を親が取得し、親が居住している土地建物を子が取得する形での分割案を提示しました。この条件によると依頼者である子の持分割合の時価相当額が確保されていると判断したことから分割案を受け入れ子が親が居住している土地建物を取得する形での和解が成立しました。その後親は子が取得した土地建物を退去し、子は取得した土地建物を売却しました。