債権回収

不動産共有持分権利者からの債権回収

貸したお金を返してくれない場合、慰謝料、養育費、損害賠償金を支払ってもらえない場合、相手の財産を差し押さえてお金を回収することができます。

このような相手の財産を調べたら、不動産を持っているけど共有持分だったということがあります。

このような時に、不動産共有持分を差し押さえて競売手続をとることはできます。

でもこの競売手続で落札する人が手に入れることができるのは不動産の共有持分です。

それだけですぐに家を建てて住んだりすることはできないので、不動産全部を差し押さえる場合と比べて落札する値段は安くなり、お金が全額回収できない可能性があります。

このような不動産共有持分しか財産を持っていない人からも効果的に債権回収をする方法があります。

それが、債権者代位権を使って共有物分割請求をするという方法です。

不動産共有持分権利者からの債権回収をお考えの方、
共有不動産の売却・共有物分割請求に強い福本法律事務所では無料相談を行っています。お気軽にお電話ください。