商業ビル

全面的価格賠償の訴訟上の和解が成立し、持分売却ができた事例

共有不動産 商業ビルの土地建物 相手方の居室あり これは商業ビルを共有していた親族間で対立が激しくなり、当職が共有者の1人から共有関係の解消を求めて共有物分割請求の依頼を受けました。 任意交渉が困難と思われたことから直ちに共有物分割訴訟を提起しました。相手方が依頼者の持分を取得することを前提とした代償金の金額についても話し合いがつかず、相手方が裁判所に鑑定申請をすることによって代償金算出を...

持分担保融資を受けて共有物分割競売手続を行い、業者査定額の約1.4倍という高額で落札されて持分売却できた事例

共有不動産 商業ビルの土地建物 依頼者の居室あり これは親族間で共有していた商業ビルの賃料分配をめぐって争いが激しくなった事例です。共有者のうちの居住者が共有関係を精算するために共有物分割請求を依頼しました。 共有者間の話し合いがつかず、共有物分割訴訟を提起しましたが、他の共有者が競売でもかまわないという意向が示されたため競売を命じる判決が出されました。 本来であれば相当の賃料分配を受け...

複数の共有不動産のうちの1棟の土地建物を単独取得し、他の不動産を他の共有者の共有とするという形で共有関係を解消した事例

共有不動産 複数の雑居ビル うち1棟に依頼者と他の共有者が居住していた これは母親と子供3人で複数の雑居ビルを共有していた事例です。他の共有者から共有物分割訴訟を提起され競売を求められました。依頼者は自分が居住している雑居ビルの取得を希望し、共有物分割訴訟の対応の依頼を受けました。 依頼者に代償金支払能力があるか、金額はいくらとなるかが主な争点となりました。融資によって代償金支払いのめどが...