建物の敷地のみを共有していて建物は共有ではないのですが共有物分割請求で現金化できませんか?

これは相手が居住していても共有物分割請求できるかの質問にも関連してくるのですが、このような場合であっても共有物分割請求をして現金化できます。

相手方がかわいそうと裁判所が考えて共有物分割請求を認めないということは原則としてありません。

この場合の問題は、競売を命じる判決が出されて競売になったらどうなるかということになります。

競売を命じる判決で競売手続きがとられても、共有となっているのは土地のみですので土地のみを対象にして競売手続きをとることになります。

このように土地のみの競売手続きをとった場合に買受人が現れるかということになります。

親族間で土地共有、建物が親族のうちの1名の単独所有の場合、建物について借地契約が締結されていることは殆どなく、土地を無償で使用することから使用貸借契約が締結されていると解釈されることになります。これは契約書が締結されていなくても土地所有者の承諾の元に建物が建てられて無償で土地使用されている場合には使用貸借が締結されたものと解釈されることになります。この使用貸借契約は土地を競売で買い受けた人には承継されないので競売手続きで第三者に土地所有権が移転した場合は建物所有者は使用借権を主張できないことになります。そうすると土地買受人に対して建物を取り壊して土地明け渡しをせざるを得なくなります。

以上から、競売手続きで土地を買い受けても建物所有者に対して建物を取り壊して土地を明け渡すよう請求できることになるので、手間と費用はかかるが土地を自由に利用できる状態にもっていくことが可能なので買受人が現れることが見込まれることになります

共有物分割請求についてよくされる質問を記載します。

共有物分割請求の関連ページ

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い弁護士の無料相談

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い福本法律事務所は、単純に交渉をまとめるだけではなく実際の不動産売買のサポートを行い、売買代金が決済されるまでをフォローいたします
無料相談を行っていますので、お気軽にお電話ください。 また、コロナウィルス感染症が終息しないことを踏まえて、テレビ電話によるオンライン相談にも対応いたします。ご希望の方はその旨をお知らせください。

お問い合わせバナー大

テレビ電話で相談を承ります。

このページの先頭へ