(質問)共有物分割請求の現物分割とは何ですか?


(解説)

共有物分割請求によって不動産の共有状態を強制的に解消することができます。この解消する方法ですが、物理的に2つ以上に分ける現物分割が原則とされています。

しかし分譲マンションのような区分建物はそもそも物理的に分けることができないので現物分割はできません。土地の場合でも建物の敷地となっている場合は建物にまたがって物理的に分けることは価格を著しく減少させるおそれがあるとして現物分割ができないものと解釈されています。

庭が広い住居の場合は、分筆して庭を取得することができるのではないかという人がいますが、庭が広い住居の場合、建ぺい率といって土地に占める建物の面積の割合が低く定められていることが多いです。そうすると分筆すると建物が建ぺい率違反となる可能性が高く、庭の方も建物を建てるのが難しくなる可能性が高いことから価格を著しく減少させるおそれが高いということで現物分割ができないことになります。

このように共有物分割請求の分割方法は現物分割が原則とされているものの、これが行われる事例は非常に少なく、共有者の誰かが代償金を支払うことを条件に持分を取得する代償分割か、売却して代金を持分割合で分ける換価分割を行うのが殆どとなります。

共有物分割請求についてよくされる質問を記載します。


共有物分割請求の関連ページ

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い弁護士の無料相談

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い福本法律事務所は、単純に交渉をまとめるだけではなく実際の不動産売買のサポートを行い、売買代金が決済されるまでをフォローいたします
無料相談を行っていますので、お気軽にお電話ください。 また、コロナウィルス感染症が終息しないことを踏まえて、テレビ電話によるオンライン相談にも対応いたします。ご希望の方はその旨をお知らせください。

お問い合わせバナー大

テレビ電話で相談を承ります。

このページの先頭へ