Q&A Q&A 共有不動産から発生する賃料収入を共有者の1人に独占されています。賃料の分配を受ける方法はありませんか?

賃料収入が発生する賃料収入を共有者の1人に独占されているという事案もよく見受けられます。

分配を受けようと思っても、そもそも賃貸借契約の賃貸人になっておらず賃料についての証拠資料が手元になく、賃料額も不明であることから、分配を受けることをあきらめている方もおられると思います。

しかし、証拠資料がない、賃料額が不明という場合であっても共有者の1人に独占された賃料収入の分配を受けることは可能です。

まず賃貸借契約の賃貸人の点について言うと、賃料は不動産の所有権から発生すると考えられています(法律では法定果実といいます)。ですので不動産賃貸借契約書の賃貸人に名前がのっていなくても、賃料を取得している共有者に対して共有持分の割合に応じた賃料の分配を請求することができます。

証拠資料がなく賃料額が不明であるとの点についても、不動産業者に不動産の相場賃料の査定書を作成してもらって相場賃料で請求するという方法があります。裁判所とすれば不動産から賃料収入が発生していることが確定できれば賃料を管理している共有者に賃料額を明らかにするよう求めるのが通常です。それでも他の共有者が賃料収入を明らかにしなかった場合は請求した賃料額を争わなかったものとして請求した賃料額を認めるのが通常です。

以上の方法で、証拠資料がなく賃料額が明らかでない場合であっても、賃料収入を管理している共有者に対して持分割合に応じた賃料分配を受けることが可能となります。

賃料収入を管理している共有者から賃料収入の分配を受けられないという悩みをお持ちの方は弁護士福本までお気軽にご相談ください。

共有不動産の関連ページ

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い弁護士の無料相談

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い福本法律事務所は、単純に交渉をまとめるだけではなく実際の不動産売買のサポートを行い、売買代金が決済されるまでをフォローいたします
無料相談を行っていますので、お気軽にお電話ください。 また、コロナウィルス感染症が終息しないことを踏まえて、テレビ電話によるオンライン相談にも対応いたします。ご希望の方はその旨をお知らせください。

お問い合わせバナー大

テレビ電話で相談を承ります。

このページの先頭へ