共有名義の不動産担保ローンの解消

家を購入するときに自分では不動産担保ローンを組めなかったので、収入がある子供に不動産担保ローンを組んでもらって家を購入し、ローンを親が払うということをされている方もおられると思います

住宅ローンが順調に支払われていれば問題はさほどないのですが、親が住宅ローンの支払いを怠ると、法律的にはローンの支払義務を負っているのは子供であるため、自分の信用情報を傷つけないために子供が住宅ローンを負担することも少なくありません。法律的には子供がローンを負担すべきことにはなるのですが子供からすれば親がローンを支払う約束でローンを組んであげたのに自分が住んでもいない家のためにローンを負担させられたという不満を持つことになります。

またこのようなローンを組んでいる場合、自分が住むための家を購入するためにローンを組もうとしても親のための住宅ローンが残っているとの理由でローンの審査が通らないという問題も生じます。

この他に離婚の際に元妻が住宅の居住を希望して元夫の住宅ローンを支払って共有名義の家に住み続けるという場合にも同じような問題が生じます。

これらのことから共有名義の不動産担保ローンの解消を希望される方も多くおられるのですが、その解決策として共有物分割請求が役に立ちます。

共有名義の不動産担保ローン解消のための共有物分割請求権

共有物分割請求権は、共有名義を有する人が共有名義の解消を求める権利です。民法ですべての共有者に認められた権利です。

共有名義の解消を求める人が1人でもいれば強制的にその人の共有名義を解消しなければならないことになります。

この共有物分割請求権を行使すると、他の共有者が現状維持を望んでも、共有名義の解消を求める人の共有名義を買い取るなどの特別な措置を講じない限りは競売手続で不動産のすべてを売却して不動産を金銭に変えることが可能となります。

この共有物分割請求で競売を命じる判決を得て競売手続をとる場合、不動産に設定された抵当権などの担保権がすべて抹消されるので(住宅ローンがすべて完済されるのが前提ですが)住宅ローンを解消することができます。

ただ他の共有者が不動産を残すことを希望した場合、他の共有者がローン解消を希望している共有者の共有名義を買い取る形で解決されるのですが、買取代金で住宅ローンを完済して抵当権などの担保権を抹消することも可能です

このような共有名義の不動産担保ローンの解消ができるかは、ローンの残高が不動産評価額を上回るというオーバーローンでないことが前提とはなるのですが、オーバーローンでなければ共有物分割請求によって共有名義の不動産担保ローンの解消が可能となります。

共有名義の不動産担保ローンの解消でお悩みの方は、共有物分割請求に強い福本法律事務所にお気軽にご相談ください。

【共有名義の不動産担保ローンの解消の解決事例】
共有物分割請求によって名義貸しローンを解消した事例
共有物分割請求訴訟で持分を他の共有者に買い取らせ、その代金で名義貸しローンを解消した事例
協議離婚後も夫婦のペアローンと不動産の共有が残った案件で共有物分割請求訴訟提起により共同売却をし、共有関係とペアローンを解消した事例

共有物分割請求の関連ページ

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い弁護士の無料相談

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い福本法律事務所は、単純に交渉をまとめるだけではなく実際の不動産売買のサポートを行い、売買代金が決済されるまでをフォローいたします
無料相談を行っていますので、お気軽にお電話ください。 また、コロナウィルス感染症が終息しないことを踏まえて、テレビ電話によるオンライン相談にも対応いたします。ご希望の方はその旨をお知らせください。

お問い合わせバナー大

テレビ電話で相談を承ります。

このページの先頭へ