(質問)共有物分割請求の代償分割・全面的価格賠償とは何ですか?


(解説)

代償金の支払いによって共有状態を解消させるものです。不動産を共有持分を残したいと考える共有者にとってもあるいは不動産を残したいと考える共有者にとっても受け入れやすい共有解消方法となります。

持分を現金化したいと考える共有者は競売を命じる判決を求め、これに対して他の共有者が不動産を残したいと希望すれば全面的価格賠償を主張してこれが認められれば不動産を残すことができます。売却を希望した共有者にとっても他の共有者が時価で持分を買い取ることになるので売却が実現できることになります。

これとは逆に共有不動産を自己の単独所有にしたいと考えて他の共有者へ交渉を持ちかけても交渉に応じてもらえないとか代金を高くふっかけられるという場合にも全面的価格賠償を主張してこれが認められれば強制的に他の共有者の持分を買い取ることが可能となります。これによって共有不動産を自分の単独所有の不動産にすることができます。

以上のように全面的価格賠償は、売却を希望する共有者にとって他の共有者に主張させることによって売却を実現する手段にもなりますし、共有不動産を自己の単独所有の不動産にしたいと考える共有者にとっても強制的に持分を買い取ることができるという有用な手段となります。

        

このように全面的価格賠償は有用な手段ではありますが、全面的価格賠償は無制約に認められるものではなく一定の要件が必要となります。全面的価格賠償の要件はこちらをごらんください。

共有物分割請求についてよくされる質問を記載します。


共有物分割請求の代償分割・全面的価格賠償の関連ページ

共有物分割請求の関連ページ

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い弁護士の無料相談

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い福本法律事務所は、単純に交渉をまとめるだけではなく実際の不動産売買のサポートを行い、売買代金が決済されるまでをフォローいたします
無料相談を行っていますので、お気軽にお電話ください。 また、コロナウィルス感染症が終息しないことを踏まえて、テレビ電話によるオンライン相談にも対応いたします。ご希望の方はその旨をお知らせください。

お問い合わせバナー大

テレビ電話で相談を承ります。

このページの先頭へ