共有不動産を担保にした借入金で持分を時価で買い取ってもらった事例

共有不動産 相談者居住の国分寺市の土地建物

これは父母が死亡し、姉と相談者が2分の1ずつの割合で共有で自宅を相続していた事例です
この自宅に相談者が1人で居住し、姉夫婦は別に住まいを構えていました
相談者は自宅が1人で住むには広すぎることとまとまったお金が必要であることから売却を希望していましたが、姉夫婦はこの土地の値段が上昇すると考えており売るのはもったいないという理由で売却に反対していました。
当事務所が相談者から依頼を受けて、共有物分割協議の申し入れをしたところ、相手方から相談者の持分を買い取りたいとの提案がありました。
買取金額については複数の不動産業者から提示された査定金額を元に話し合いをし、時価での買取という形で合意をしました
この金額は2000万円になりましたが、相手方は相談者から持分を買い取ることを前提に共有不動産全体を担保に入れた借入をして買取資金を用意し、無事時価で買い取ってもらうことができました。

この案件のように、相手に買い取ってもらう資金を用意する方法として共有不動産を担保にした借入をすることができますので、相手に持分を買い取ってもらいたいけど買取資金を用意できるか心配だという方もお気軽にご相談ください。

【他の共有者に交渉で共有持分を買い取らせた解決事例】
共有不動産を担保にした借入金で持分を時価で買い取ってもらった事例
高齢の母親が居住する共有の分譲マンションで母親に持分を買い取ってもらった事例
他の共有者に持分を売却した事例
買値の3倍以上の値段で共有持分売却に成功した事例
親子で共有の二世帯住宅で、子供に親の持分を買い取ってもらって共有関係を解消した事例
相続により兄弟で共有している不動産の持分を他の兄弟に売却した事例
親族間で共有していたアパートの土地建物の持分を他の共有者に買い取らせた事例
遺言で共有取得した不動産について居住している共有者に時価で持分を買い取らせた事例
義父所有の土地に義父と建物を共有していた事案で、義父に時価で持分を買い取らせた事例
離婚した元夫婦の共有不動産が残っていた事案で、元夫に持分を買い取らせて元妻名義の住宅ローンを解消した事例

【他の共有者に訴訟で持分を買い取らせた解決事例】
遺産分割協議で現金取得を拒絶されたが、共有物分割請求で現金取得できた事例
複数の共有の賃貸不動産の持分を時価で買い取ってもらい、未分配の賃料を回収した事例
共有物分割請求によって名義貸しローンを解消した事例
共有物分割請求訴訟で相手方が依頼者の持分を全面的価格賠償で買い取った事例
遺産分割審判で共有となった不動産の持分を他の共有者が買い取った事例
依頼者と相手方と亡母の名義となっている不動産で共有物分割請求によって相手方に持分を買い取ってもらった事例
全面的価格賠償において、抵当権付債務額を控除すべきでないとする当方の主張を認めた上での代償金の支払いを命じる判決が出た事例
全面的価格賠償の訴訟上の和解が成立し、持分売却ができた事例
2軒の共有不動産のうち1軒について他の共有者に売却、もう1軒は共同売却をした事例
遺言で取得した共有不動産の持分を他の共有者に売却した事例
3名共有の土地で建物が共有者の1人が単独所有している事案で建物所有している共有者に他2名の共有者が持分を買い取らせた事例
依頼者が借地権を有する土地上に長男と共有の二世帯住宅を建てた事案で長男に建物の持分と借地権を買い取らせた事例
共有物分割請求訴訟で持分を他の共有者に買い取らせ、その代金で名義貸しローンを解消した事例
50万円未満の値段で被告の持分を買い取るとの共有物分割請求訴訟を提起された事案で、約15倍の値段で持分を買い取らせた事例
現物分割を求める共有物分割請求訴訟を提起された事案で、時価で持分を買い取らせた事例
叔父と共有していたマンション1棟で賃料の分配もされていなかった事案で、未分配の賃料を回収し依頼者の持分を時価で買い取らせて共有関係を解消した事例
再開発ビルの大半を占める店舗部分を50名以上で共有していた事案で、共有物分割請求で再開発ビルを管理する共有者に依頼者の持分を時価で買い取らせた事例
叔父と共有していたマンション1棟で賃料の分配もされていなかった事案で、未分配の賃料を回収し依頼者の持分を時価で買い取らせて共有関係を解消した事例

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い弁護士の無料相談

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い福本法律事務所は、単純に交渉をまとめるだけではなく実際の不動産売買のサポートを行い、売買代金が決済されるまでをフォローいたします
無料相談を行っていますので、お気軽にお電話ください。 また、コロナウィルス感染症が終息しないことを踏まえて、テレビ電話によるオンライン相談にも対応いたします。ご希望の方はその旨をお知らせください。

お問い合わせバナー大

テレビ電話で相談を承ります。

このページの先頭へ