相続により8名が土地建物を共有していた事例で共有物分割のための競売を行って共有関係を解消した事例

共有不動産 東京都立川市内の土地建物

これは子供のいない夫婦が自宅を共有していた事例です。先に夫が死亡して妻と夫の兄弟又は兄弟の子供が相続し、後に妻が死亡して妻の兄弟又は子が相続しました。その結果土地建物の共有者は8名となりました。子供のいない夫婦がともに死亡したため家は空き家となっていました。これを妻の妹得が売却しようとしたのですが、夫の兄弟は九州地方に居住している人が多く、意思能力にも問題がある人がいたことから売却をすることができませんでした。このため当職が妻の妹から共有物分割請求の依頼を受けました。

共有物分割協議の申し入れをしたのですが共同売却が難しいことから協議は成立せず共有物分割請求訴訟を提起しました。訴訟において意思能力に問題があった人については特別代理人選任申立を行い、九州の弁護士が特別代理人に選任されて手続きを進めました。競売を行うことに特段の異議はなく、競売を命じる判決が下されこれに基づき競売を行いました。不動産業者の査定書よりも高額で売却され、共有関係を解消することができました。

相続による共有の場合、遺産分割を先に行わなければならないと誤解されている方もおられますが最初から夫婦で共有名義になっている不動産で夫婦のそれぞれについて相続が発生して共有になった場合は共有物分割請求が可能です。これによって8名で共有という難しい案件であっても共有関係を解消することができますのでお悩みの方はお気軽にご相談ください。


【交渉で共有不動産を共同売却した解決事例】
共有者の1名が売却に反対していた共有の更地を共同売却した事例
依頼を受けてから約2ヶ月で共有不動産の共同売却ができた事例
兄弟の共有不動産の共同売却ができた事例
共有不動産の共同売却ができた事例
50年以上前に死亡した人の千代田区の遺産不動産が放置されていた事案で依頼を受けて約半年後に共同売却できた事例
親子の二世帯住宅を共同売却した事例

【訴訟で共有不動産を共同売却した解決事例】
共有の賃貸アパート1棟の共同売却に成功した事例
持分担保融資を受けた後に、共有不動産を共同売却した事例
共有物分割請求訴訟で離婚した元夫婦の共有不動産を共同売却した事例
協議離婚後も夫婦のペアローンと不動産の共有が残った案件で共有物分割請求訴訟提起により共同売却をし、共有関係とペアローンを解消した事例
売却をめぐって親族間で対立していた台東区の共有不動産について時価で売却ができた事例
2軒の遺産共有不動産がある事案で、1軒を他の共有者に買い取らせ、もう1軒を共同売却した事例
兄弟で相続したマンションを共同売却して共有関係を解消した事例
親族間で共有していた古家と土地を共同売却して共有関係を解消した事例
相続によって兄弟で共有していた土地建物を共同売却して共有関係を解消した事例
遺産分割協議で共有となった土地を共同売却して共有関係を解消した事例

【競売で共有不動産を売却した解決事例】
不動産競売で業者の査定より高額で落札されて共有持分売却ができた事例
持分担保融資を受けて共有物分割競売手続を行い、業者査定額の約1.4倍という高額で落札されて持分売却できた事例
兄が居住している共有の土地建物で共有物分割請求訴訟で競売を命じる判決を得て、競売によって時価で売却できた事例
認知症の相手方が居住する共有の雑居ビルで共有物分割請求訴訟で特別代理人を選任してもらって競売を命じる判決を得て、時価で売却できた事例
姉妹が共有する土地建物に姉妹が居住していた事例で共有物分割のための競売を行って共有関係を解消した事例
相続により8名が土地建物を共有していた事例で共有物分割のための競売を行って共有関係を解消した事例
親の家に居住していた弟が売却を拒絶した事案で競売を命じる遺産分割審判がくだされ、競売で共有関係を解消した事例

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い弁護士の無料相談

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い福本法律事務所は、単純に交渉をまとめるだけではなく実際の不動産売買のサポートを行い、売買代金が決済されるまでをフォローいたします
無料相談を行っていますので、お気軽にお電話ください。 また、コロナウィルス感染症が終息しないことを踏まえて、テレビ電話によるオンライン相談にも対応いたします。ご希望の方はその旨をお知らせください。

お問い合わせバナー大

テレビ電話で相談を承ります。

このページの先頭へ